CRM製品と同様にインサイトを提供

Veeva Japan株式会社は、2020年6月23日、同社本社である米Veeva社がライフサイエンス企業向けソリューション『Veeva Link for KAM』を発表したことを明らかにしました。

『Veeva Link for KAM』は、重要顧客管理のための正確な顧客データとリアルタイムのインサイトを、同社のCRM製品と同様に提供できるソリューションです。Veeva社の発表は、『Veeva Summit Online』において行われています。

より深い関係構築と顧客対応の迅速化を実現

Veeva社(Veeva Systems)は、ライフサイエンス企業に向けてクラウドベースのソフトウェアをグローバルに提供している企業です。同社は、サンフランシスコに本社を置き、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって顧客の成功を支援。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業に至るまで、875社以上の顧客を擁しています。

今回同社が発表した『Veeva Link for KAM』は、膨大な科学関連デジタルソースから、重要顧客やキーパーソンに関するデータとAI駆動のインサイトを集約するソリューションです。ソーシャルメディアやニュースフィード、動画プラットフォームや業界カンファレンスなどの情報を集約・解析し、より深い関係構築と顧客対応の迅速化を実現します。

2020年中に提供開始

ライフサイエンス企業では、医療システムのニーズを深く理解することが重要となります。しかしこれまでは、複雑に絡み合った情報やデータをつなぎ合わせて全容を把握する必要がありました。『Veeva Link for KAM』はこうした手間を省き、より効率的な計画や顧客エンゲージメントを実現するとしています。

なお『Veeva Link for KAM』の提供は、2020年中に開始されるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

重要顧客管理に関するインサイトを迅速化する新しいソリューションを発表 – Veeva Japan株式会社
https://www.veeva.com/