CRMソリューション『SHOP FORCE』

2020年06月25日、22Inc.は、同社が提供しているCRMソリューション『SHOP FORCE(ショップフォース)』の機能を拡充したことを発表しました。

今回の機能拡充により、新型コロナウイルス感染症の影響で需要が高まっている分野である「テイクアウト」「デリバリー」「オンラインショップ(EC)」での販売とサービス提供についても、CRM(顧客関係構築)が実現するということです。

“ウィズコロナ時代”のCRM

同社では、“ウィズコロナ時代”には、顧客との関係構築の重要性がより高まると考えています。

店舗での接客がなくなることで、お客様とのコミュニケーションが希薄になり、結果、店舗・ブランドへのロイヤリティ醸成が非常に困難になっています。(プレスリリースより)

機能拡充された『SHOP FORCE』を導入した場合、「テイクアウト」と「デリバリー」では、会員化およびポイント付与などが可能となります。「オンラインショップ」では、ECサイトとの連携が可能となり、自動ポイント付与が実現するということです。

「テイクアウト」では「Dexee Deli」、「オンラインショップ」では「Undefeated」が導入事例として紹介されています。

(画像はPRtimesより)

▼外部リンク

22Inc.
https://shopforce.jp/news/20200625/