HubSpot社製品を利用するDXエージェンシー

スパイスファクトリー株式会社は、2020年6月29日、米HubSpot社より「Solutions Partner プログラム」のゴールドパートナーとして認定されたと発表しました。

スパイスファクトリーは、HubSpot社製品を利用したシステム開発などを展開しているDXエージェンシー。HubSpot社は、無料で利用できるCRM製品『HubSpot CRM』の提供などを手がける企業です。

HubSpot社とスパイスファクトリー

SaaS企業であるHubSpot社は、マーケティング・セールス・カスタマーサービスの統合プラットフォームを提供しています。同社の『HubSpot CRM』は、無料でありながらリード・顧客の情報管理からコミュニケーションの追跡、また良好な関係の構築を実現。『CMS Hub』『Sales Hub』といった機能を利用することで、顧客関係の強化を図ることも可能です。

スパイスファクトリーはこうしたHubSpot社の製品を活用する形で、企業のデジタルトランスフォーメーション支援を2018年より開始。システム開発やインバウンドマーケティングの戦略立案・運用サービス、Webサイト構築などを手がけ、クライアントの変化を加速させる触媒(スパイス)であろうとしています。

企業のデジタル課題解決に貢献

HubSpot社は、スパイスファクトリーがクライアントの技術的な要件を的確に把握し、満足度の高いシステム連携や開発サービスを提供していることを、高く評価。今回のゴールドパートナー認定を決定しました。

この認定を受けスパイスファクトリーは、今後もHubSpot社製品を掛け合わせたデジタルサービスを展開し、企業のデジタル課題解決に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

スパイスファクトリー株式会社
https://spice-factory.co.jp/

企業のデジタル課題を解決するスパイスファクトリーがHubSpotゴールドパートナー認定 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/