『Sanrio+』のCRMシステム基盤として活用

プリズマティクス株式会社は、2020年7月10日、同社のAPIプラットフォーム『prismatix』が株式会社サンリオに導入されたと発表しました。

『prismatix』は、顧客管理機能などのAPIを提供するプラットフォーム。サンリオにおいて『prismatix』は、共通ポイントサービス『Sanrio+』のCRMシステム基盤として活用されています。

フロント機能拡張への専念を実現

『prismatix』は、注文管理・カート・決済連携・商品管理・在庫管理・認証・顧客管理といった機能のAPIを、マネージドサービスとして提供しているAPIプラットフォームです。システム開発期間の短縮やバックエンドの機能拡張を実現し、フロント機能拡張への専念を可能にしています。

プリズマティクスは、企業のECとCRMを支援すべく『prismatix』を提供しています。同社には、豊富な現場経験を持つアドバイザリーメンバーが参画。また、企業向け技術支援を手がけるクラスメソッド株式会社のグループ企業でもあるため、テクノロジー面においても強みを持ちます。

コストの大幅な抑制を実現

サンリオでの『prismatix』導入は、同社が新ポイントサービス『Sanrio+』を開始するために実施されました。『Sanrio+』は、サンリオショップ・サンリオオンラインショップ・サンリオピューロランド共通の会員・ポイントプログラム。『Sanrio+』基盤構築にあたり『prismatix』は、コストの大幅な抑制を実現したとのことです。

この導入にあたりプリズマティクスは、制度設計コンサルティングやシステム構築支援も提供。『Sanrio+』の運用も、同日より開始されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

サンリオの新サービスのCRMシステム基盤としてAPIプラットフォームを提供 – プリズマティクス株式会社
https://prismatix.jp/news/news20200710_sanrio.html