『EMOROCO DWH』とオンライン商談支援ツールを発表

アーカス・ジャパン株式会社は、2020年7月15日、同社のCRMソリューション『EMOROCO』について新ラインナップおよび機能の追加を発表しました。

『EMOROCO』は、同社が開発した世界初のAI統合型CRMソリューション。今回の発表では、AI非搭載の新製品『EMOROCO DWH』と、新しいオプションサービスであるオンライン商談支援ツールが、明らかにされています。

AIの代わりにデータウェアハウスを活用

『EMOROCO』は、顧客の体験・感情をITで理解することを可能にした、顧客価値主導型CRMです。同ソリューションでは、従来のCRMソリューションとは一線を画す深いパーソナライゼーションを、AIのアルゴリズムを組み込むことで実現。あらゆるチャネルにある顧客情報を1つに結び付ける、世界初の「エモーショナルソリューション」となっています。

しかし、新ラインナップとして今回発表された『EMOROCO DWH』は、『EMOROCO』最大の特徴ともいえるAIを非搭載したもの。AIの代わりに、データウェアハウス(DWH)を用いた機能連携によって、『EMOROCO』の特性を疑似的に再現することを可能にしています。

Webミーティングの開催・招待が自社ブランドで可能

『EMOROCO DWH』と共に新たなオプションサービスとして発表されたオンライン商談支援ツールは、Webミーティングの開催・招待が自社ブランドで可能になるというもの。リモートでの商談・会議が常態化している現状において、注目の機能となっています。

『EMOROCO』についてアーカス・ジャパンは、気軽に問い合わせをしてほしいと望んでいます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

EMOROCO – アーカス・ジャパン株式会社
https://crm.emoroco.com/

データウェアハウスで顧客情報の統合管理を 『EMOROCO DWH』 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p