CRM/SFAツールとAIプラットフォームが連携

株式会社電通デジタル(以下「電通デジタル」)は、2020年7月8日、「Salesforce Sales Cloud」および「DataRobot」の連携ソリューションをもとに、コンサルティングサービスの提供を開始することを発表しました。

なお、CRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援システム)ツールである「Salesforce Sales Cloud」は、株式会社セールスフォース・ドットコム(以下「セールスフォース・ドットコム社」)が、エンタープライズAIプラットフォームである「DataRobot」は、DataRobot Japan(以下「DataRobot社」)が提供しているものです。

同連携によって、複数のデータ統合と、AIによる精密なリードスコアリングが実現しました。

セールスフォース・ドットコム社とDataRobot社

AIとマーケティングの共創を目的としている電通デジタルは、セールスフォース・ドットコム社とDataRobot社とのパートナーシップを深めてきました。

最先端ソリューションを用いたコンサルティング(活用領域策定、データ戦略策定・実行、導入支援など)を提供し、営業組織内でのデータの活用最大化とAIモデル構築による迅速で高精度なリードスコアリングを実現し、企業の営業活動における成果創出に貢献します。(プレスリリースより)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社電通デジタル
https://www.dentsudigital.co.jp/