CData Drivers for e-Sales Manager

CData Software Japan 合同会社(以下「CData Software」)は、2020年7月21日、「CData Drivers for e-Sales Manager」の提供を開始することを発表しました。

「CData Drivers for e-Sales Manager」は、“顧客の生産性の最大化”を目標としているCRM/SFA「eセールスマネージャー Remix Cloud」のデータ連携拡充を実現するものだということです。

eセールスマネージャー Remix

「CData Drivers for e-Sales Manager」では、ソフトブレーン株式会社(以下「ソフトブレーン」)が提供している「eセールスマネージャーRemix」に対し、標準SQLで、各種カスタムアプリケーションやBIツール、ETL/EAIツール、DWH、ExcelおよびAccessからのデータ連携が可能となっています。

CData Softwareは、国内外の130以上のツールに対し、ドライバー統合下での動作検証を行っているということです。

ソフトブレーンは、今回のリリースに対し、以下のようなコメントをしています。

様々なBIツールやETLサービス等とシームレスな連携によるDXを実現し、業務効率化にさらなる価値を提供できるものと確信しております。(プレスリリースより)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

CData Software Japan 合同会社
https://www.cdata.com/