CRM/MAツール「MOTENASU」

株式会社FIDは、2020年7月22日、CRM/MA(マーケティングオートメーション)ツールである「MOTENASU(モテナス)」に搭載されている「読取表示システム」が、特許を取得(特許第6677411号)したことを発表しました。

「MOTENASU」内の機能が特許を取得するのは、「配布物発注システム(特許第6186391号)」と合わせて2件目となります。上記2件の特許を取得したシステムを活用することで、B to C、B to Bといった両分野を網羅して、CRM施策を実行することが可能となりました。

「配布物発注システム」「読取表示システム」を搭載した「MOTENASU」では、年齢や性別、お住まいのエリアといった属性はもちろん、過去の購入商品や購入時期などに合わせて、最適な内容のDMを送付することができます。(プレスリリースより)

2つのシステムで特許を取得

「MOTENASU」は、どのような種類の基幹システムとでも連携可能だということです。また、DMをはじめ、メール、LINE、SMSなど、多種多様なメディアを介して、それぞれの顧客に合わせた内容を配信することが可能となっています。

さらに、DMには、各顧客それぞれに専用のQRコードを印刷することができるので、ポイントを押さえたWEBページへの誘導が実現します。

(画像はPRtimesより)

▼外部リンク

株式会社FID
https://f-i-d.jp/page/20200722news