CRM/SFA「eセールスマネージャー」

ソフトブレーン株式会社は、2020年8月4日、CRM/SFA「eセールスマネージャー」のBIツール「eセールスマネージャーRemix Analytics」に、「Amazon QuickSight」対応版をリリースしたことを発表しました。

「Amazon QuickSight」対応版について、同社では以下のようなコメントをしています。

「誰でも」、「簡単に」、「リアルタイムで」データ分析を行うことができるようになりました。(プレスリリースより)

BI機能「Amazon QuickSight」対応版の発売日は、2020年7月27日です。なお、同社が提供している「eセールスマネージャー」の定着率は、2018年顧客支援チーム実績によると、95%という高いものとなっています。

6つの機能を搭載

eセールスマネージャー「Amazon QuickSight」対応版は、環境自動構築、帳票・ダッシュボード作成、ダッシュボード連携、アカウント連携、シングルサインオン適用、ExcelとCSVの直接アップロードという6つの機能を搭載しています。

「Amazon QuickSight」と連携した場合のBI機能「eセールスマネージャーRemix Analytics」月額使用料は、アナリティクスオーサーライセンスが3,500円/1ユーザー、アナリティクスリーダーライセンスが1,900円/1ユーザーとなっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトブレーン株式会社
https://www.softbrain.co.jp/