CRM需要に備えた体制を整備すべく新設

株式会社ピアラは、2020年8月4日、カスタマーサクセス部を新設したと発表しました。

同社は、「マーケティングコミットカンパニー」としてヘルスケア/ビューティ/食品領域にてKPI保証サービスを展開している企業。カスタマーサクセス部は、年々高まるCRM需要に備えた体制を整備すべく新設されています。

顧客満足度および購入継続率の向上を図る

ピアラは、ヘルスケア/ビューティ/食品領域の通販事業を展開する企業に対して、商品開発支援・新規顧客獲得・顧客育成といったサービスを成果報酬型で提供している企業です。2004年の創業時より継続して支援を行うことで、膨大なデータも蓄積しています。

現在のリピート通販事業では、「初回の商品価格を抑え、まずは商品を試していただく」という手法が主流となっています。しかし同社は、CRMにおいて顧客満足度および購入継続率の向上を図ることこそが成功のポイントになると判断。この支援を行うべく、蓄積したデータを活用する形でカスタマーサクセス部を新設するに至りました。

LTV(顧客生涯価値)の最大化を目指す

ピアラのカスタマーサクセス部は、顧客開拓を手がけるテレマーケティング部と、既存顧客の育成を担うカスタマーリテンション部が統合する形で新設されました。互いの部署の強みを活かしてCRM需要に対応し、LTV(顧客生涯価値)の最大化を目指すとのことです。

なおこのカスタマーサクセス部は、2020年8月1日付で新設されています。

(画像はピアラの公式ホームページより)

▼外部リンク

LTVの最大化のためCRMを強化 カスタマーサクセス部を8月より新設 – 株式会社ピアラ
https://www.piala.co.jp/news/20200804/