CRM強化などにおいて課題を抱えていたチェーン

tripla株式会社は、2020年8月25日、同社のSaaS型宿泊予約エンジン『triplaホテルブッキング』がホテルウィングインターナショナルチェーンに導入されると発表しました。

『triplaホテルブッキング』は、宿泊施設の予約率向上に貢献するとと共に、CRM強化も実現するサービス。ホテルウィングインターナショナルチェーンは、CRM強化などにおいて課題を抱えていたため、今回の『triplaホテルブッキング』導入に至ったとのことです。

コード1行をサイトへ挿入するだけで導入が完了

『triplaホテルブッキング』は、2018年11月の販売開始以降、国内約500施設の公式ウェブサイトなどにおいて既に導入されている宿泊予約エンジンです。CRMをサポートするポイントプログラムなどと共に、JavaScriptのコード1行をサイトへ挿入するだけで導入が完了する手軽さにおいても、高い評価を獲得しています。

今回『triplaホテルブッキング』を導入したホテルウィングインターナショナルチェーンは、株式会社ミナシアが運営するホテルチェーン。同チェーンは、予約率向上と顧客分析、そしてCRMの強化において課題を抱えていたといいます。そこで、会員獲得を強化する機能と共にCRM領域にも強みを持つ『triplaホテルブッキング』に着目し、導入に至りました。

今後も、顧客満足度向上への貢献に努める

ホテルウィングインターナショナルチェーンにおいて『triplaホテルブッキング』は、8月25日の時点で36施設が既に利用を開始。8月末日に実施される『ホテルウィングインターナショナル鹿嶋』への導入をもって、チェーン施設全館の導入が完了するとのことです。

同チェーンでは、個人会員のポイントプログラム運用も『triplaホテルブッキング』へ移行することで、キャンペーン案内といったCRMの強化も予定。tripla株式会社は今後も、顧客満足度向上への貢献に努めるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

tripla株式会社
https://corp.tripla.jp/

ホテルウィングインターナショナルチェーンが『triplaホテルブッキング』を導入 顧客利便性とCRMを強化 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/