インサイドセールス業務などをシームレス化

株式会社Brizzyは、2020年8月27日、同社のリードインテグレーションツール『Lead Brizzy』において、スマートキャンプ株式会社のSaaSマーケティングプラットフォーム『BOXIL SaaS』との連携を開始すると発表しました。

この連携は、リード情報のCRM・MAツールへの入力作業を効率化することにより、BtoB企業のインサイドセールス業務などをシームレス化すべく実施されるものです。

『Lead Brizzy』と『BOXIL SaaS』

『Lead Brizzy』は、広告出稿先より獲得したリード情報を自社のMA・SFAにインポートへ自動で転記するツールです。手作業による転記で生じるタイムラグをなくすことで、インサイドセールスが機会を損失せずリードへアプローチすることを可能にしています。

今回『Lead Brizzy』が連携を開始する『BOXIL SaaS』は、法人向けITサービスの比較・資料請求が可能なプラットフォーム。導入が比較的容易なSaaS領域を中心として幅広いサービスを掲載し、特徴やメリットなどが簡単に押さえられるサービスとなっています。

主要CRM・MAツールと連携することができる

『Lead Brizzy』と『BOXIL SaaS』の連携では、『BOXIL SaaS』で獲得したリードを『Salesforce Sales Cloud』などの主要CRM・MAツールと連携することができます。リード連携は、CRM・MAツールの項目名の入力で簡単にマッピングすることも可能です。

なお『Lead Brizzy』の利用料金は、月額30000円から。接続するサイト数・チャネル数によって、プランの選択も可能となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Brizzy
https://www.brizzy.jp/

スマートキャンプ株式会社
https://smartcamp.co.jp/

『Lead Brizzy』、『BOXIL SaaS』連携開始しCRM・MAツールへの入力作業を効率化 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/