CRMリード管理分野のレポートでリーダーに選出

Adobe(以下「アドビ」)は、「Magic Quadrant for CRM Lead Management(CRMリード管理分野のマジッククアドラント)2020年版(Ilona Hansen、Julian Poulter、Noah Elkin、Christy Ferguson、2020年8月17日)で、“リーダー”の認定を受けたことを発表しました。

2020年9月3日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされました。

9年連続のリーダー認定

同レポートの評価の対象は、アドビを含むベンダー15社です。アドビは、「実行能力」および「ビジョンの完全性」について、高い評価を受けています。同分野でのリーダー認定は、9年連続となりました。

Adobe Experience Cloudの一部であるMarketo Engageは、大規模な顧客エンゲージメントや顧客体験の変革を通じて、ビジネスの成長に繋げたいマーケターにとって最適なアプリケーションです。(プレスリリースより)

アドビのMarketo Engageプロダクトマーケティング担当ディレクターのブライアン・グローバー(Brian Glover)氏は、これからの企業には、購買プロセスのシンプル化が重要だとコメントしています。

(画像はAdobeホームページより)

▼外部リンク

Adobe
https://prtimes.jp/main/