営業生産性向上のために

9月8日(火)、レッドフォックス株式会社(以下、レッドフォックス)は、9月15日(火)に開催される日経産業新聞フォーラムにて、レッドフォックス代表取締役社長の別所宏恭氏が登壇することを発表しました。

今回開催されるフォーラムのタイトルは「デジタルテクノロジーの活用で営業生産性向上を ~アフターコロナを生き抜く営業戦略を考える~」です。

別所宏恭氏は、レッドフォックスが提供する業務効率化クラウドサービス「cyzen」を活用した営業事例を紹介する予定となっています。

WEBライブ中継でも視聴可能

無料で受講可能な同フォーラムは午後1時から午後4時半の時間帯に開催されます。

会場は日経カンファレンスルームとなっており、定員は200名の予定です。

フォーラム当日は別所宏恭氏以外にも、各企業の代表者が登壇します。

アタックス・セールス・アソシエイツの代表取締役社長を務める横山信弘氏が基調講演で取り上げるのは、デジタルトランスフォーメーションで目標を達成する方法です。

ソフトブレーン執行役員の井上裕太氏は、CRMやSFAを活用した営業生産性向上の実現をテーマとして扱います。

同フォーラムは会場での聴講だけでなく、事前に登録することでWEBライブ中継を視聴することも可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日経産業新聞フォーラムにレッドフォックス代表取締役社長 別所 宏恭が登壇いたします
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000042959.html