商談機能と会議機能を統一、サービスの安定化も

ナレッジスイート株式会社は、2020年9月14日、同社のクラウド型オンライン商談ツール『VCRM』について大規模機能拡張に伴うリニューアルを行ったと発表しました。

『VCRM』は、テレワークでの営業活動を支援するツール。今回のリニューアルでは、商談機能と会議機能の統一やサービスの安定化、またユーザー登録数無制限での利用を実現しています。

導入コストや利用料金を低く設定できる

『VCRM』は、顧客とのオンライン商談や会議を瞬時に接続できるツールです。音声通話や画面共有といったベーシックな機能と共に、営業を支援する商談録画や音声自動テキスト化などの機能も実装。シンプルな機能構成とすることで、導入コストや利用料金を低く設定できる点も、大きな特徴となっています。

2020年5月の正式リリース以来、『VCRM』は無償でサービスが提供されてきました。この無償提供の中でナレッジスイート株式会社は、利用者から多くの要望を獲得。指摘された課題を解決するべく、3つのポイントに絞って集中的に機能改善を行い、今回のリニューアルに至っています。

IDの使い回しによるセキュリティ問題も解決

今回のリニューアルにおいて『VCRM』は、電話商談中にオンライン商談へ即座に切り替える機能と、オンライン会議を開始する機能を、一つに集約しました。また、IDの使い回しによるセキュリティ問題を解決すべく、料金体系を会議室数課金へ変更。接続不安定状況の改善も、行われています。

なお同社はこのリニューアルに合わせて、『VCRM』のTVCMおよびタクシーサイネージ広告キャンペーンも開始しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クラウド型オンライン商談ツール『VCRM』が大幅機能リニューアル – ナレッジスイート株式会社
https://ksj.co.jp/archives/10591