営業支援を提供しているセールスリクエスト

合同会社セールスリクエストは、2020年10月12日、新サービス『セールスオンラインアシスタント』の提供を開始したと発表しました。

同社は、BtoB企業に向けて営業/マーケティング支援を提供している企業。リリースされた同サービスは、CRM/SFAの定着・活性化を実現するというものです。

CRM/SFAの不明点をその場で解決、工数を削減

合同会社セールスリクエストは2019年4月の設立時より、営業支援サービスをBtoBスタートアップ企業などに向けて提供してきました。この事業の中で同社は、多くの企業がCRM/SFAが使いこなせず、営業データの可視化ができていないことを察知。また、そもそもCRM/SFAの活用方法を訊ねる相手がおらず、形骸化しているケースが多いことにも気づきました。

『セールスオンラインアシスタント』は、こうした課題を抱える企業をターゲットとして開発されたサービスです。同サービスでは、営業指標におけるデータの可視化や商談議事録の客観的なレビュー、また適切なタイミングでの顧客フォローなどを実現。CRM/SFAの不明点をその場で解決し、営業マネジメントの工数削減を可能にするとしています。

月額35万円(税別)で利用が可能

『セールスオンラインアシスタント』は、月額35万円(別)で利用が可能。また、議事録代行のみの場合は月額12万円(税別)という価格も設定されています。なお、顧客データを取り扱うため、契約時には秘密保持契約・業務委託契約を締結するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

合同会社セールスリクエスト
https://www.sales-request.com/

CRM/SFAを定着・活性化を実現 『セールスオンラインアシスタント』リリース – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/