外部のMAサービスなどとデータを連携

トライコーン株式会社は、2020年10月21日、同社が提供しているCRMツール『クライゼル』において「フォームWebhook」機能を新たに実装したと発表しました。

『クライゼル』は、インターネット上でのCRM活動に有用な機能を広く実装したCRMツール。今回新たに実装された「フォームWebhook」機能は、外部のMAサービスなどとリアルタイムでデータを連携できるというものです。

信頼の「つくる」「守る」「つなげる」を実現

トライコーン株式会社は、株式会社セプテーニ・ホールディングスの連結子会社として、 CRMに特化したビジネスモデルの企画・運営などを手がけています。同社の『クライゼル』は、ネット上のCRM活動を通じて信頼の「つくる」「守る」「つなげる」を実現し、見込み顧客の「見える化」するシステムです。

『クライゼル』は、顧客データベース管理機能・メール配信機能・フォーム作成機能・サイト作成機能などを実装。また、顧客データを『Salesforce』へリアルタイムで連携することも可能であり、LINEを使った顧客へのメッセージ配信にも対応。顧客情報を適切かつ安全に管理するために、セキュリティ対策に注力している点も、大きな特徴です。

さらなる活用と業務の効率化が可能

今回実装された「フォームWebhook」機能は、『クライゼル』で作成したフォームでデータが登録・更新・削除されるたびに、その情報が外部のWebサービスへリアルタイムに自動送信されるというもの。顧客管理データベースサービスやMAサービスを利用している企業は、『クライゼル』のさらなる活用と業務の効率化が可能となります。

トライコーン株式会社は今後も、『クライゼル』によって企業のCRM活動を総合的に支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

CRMツール「クライゼル」に「フォームWebhook」機能を実装 – トライコーン株式会社
https://www.tricorn.co.jp/pdf/pressrelease20201021.pdf