コンサルティング業務へのマッチ度の高さなどを評価

株式会社オロは、2020年11月11日、同社のクラウドERP『ZAC』がサインポスト株式会社に採用されたと発表しました。

『ZAC』は、経営と業務を効率化する機能を集約した、プロジェクト型ビジネス特化型のクラウドERP。サインポスト株式会社における採用は、コンサルティング業務へのマッチ度の高さなどが評価され、決定に至っています。

IPOを見据えた内部統制の構築にも対応

『ZAC』は、販売管理・購買管理・工数管理・経費管理・ワークフローといった機能を集約したクラウドERPです。プロジェクトの損益情報を瞬時に把握できため、利益のボトルネックの可視化を実現。売上・利益の正確な予測により、赤字案件を事前察知も可能にしました。一元管理による業務効率化や、IPOを見据えた内部統制の構築にも、対応しています。

今回『ZAC』を採用したサインポスト株式会社は、コンサルティング事業とソリューション事業、そしてイノベーション事業も展開している企業。コンサルティング事業では金融機関・公共機関をクライアントとして擁し、イノベーション事業では無人AIレジの提供などにも取り組んでいます。

案件別の損益管理と在庫管理が共に可能

サインポスト株式会社ではこれまで、業務管理において複数のExcel帳票が用いられ、二重入力などの課題が生じていました。こうした課題を解消すべく同社は、『ZAC』を導入。コンサルティング業務における相性や、案件別の損益管理と在庫管理が共に可能である点などが、採用の決め手になったとのことです。

株式会社オロは今後、コンサルティング業においても『ZAC』の実績拡大を推進するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

サインポスト株式会社、基幹業務システムに『ZAC』を採用 – 株式会社オロ
https://www.oro.com/zac/news/news-1898.html