CRMと連動した形でウェブサイトのコンテンツを管理

HubSpot Japan株式会社は、2020年4月8日、2年ぶりの新製品群として『CMS Hub』をリリースすると発表しました。

HubSpot Japanは、顧客管理システム『HubSpot CRM』などの提供を行う米HubSpot社の日本法人。『CMS Hub』は、CRMと連動した形でウェブサイトのコンテンツを管理できる製品となっています。

ウェブサイトを起点とした顧客体験の最適化

HubSpot Japanは、「Help millions of organizations grow better」をミッションとして掲げ、無料のCRM(顧客関係管理ツール)提供を中核として事業を展開しているSaaS企業です。顧客を企業の「推奨者」へと転換する「インバウンド手法」に基づき、マーケティング・営業・カスタマーサポートを集約して管理・実践できるサービスを提供しています。

今回リリースが発表された『CMS Hub』は、同社がこれまで展開してきた『Marketing Hub』『Sales Hub』『Service Hub』に続く製品。顧客情報・マーケティング活動・営業活動・カスタマーサービス活動の一元管理をさらに簡易化し、ウェブサイトを起点とした顧客体験の最適化を推進するものとなっています。

『HubSpot CMS』は『CMS Hub Professional』へ改称

『CMS Hub』は、『HubSpot CRM』とリアルタイムで連携することにより、顧客の最新状況を元にしたウェブサイトのパーソナライズも可能です。また、ウェブサイトから営業やカスタマーサービスの流れを通じた顧客体験のデザインも、実現しています。

なお、『CMS Hub』のリリース後、これまでHubSpot Japanが提供していた『HubSpot CMS』は『CMS Hub Professional』へと改称されるとのことです。

(画像はHubSpot Japanの公式ホームページより)

▼外部リンク

HubSpotが2年ぶりの新製品群、『CMS Hub』をリリース – HubSpot Japan株式会社
https://cdn2.hubspot.net/