『Zoho CRM』のデータを活用

株式会社シーサイドは、2020年4月13日、カイト合同会社のサービス『Zoho CRM導入支援』において「インサイドセールスのハンズオンサービス」の提供を開始したと発表しました。

シーサイドによるこの新サービスは、カイトのサービスを通じて『Zoho CRM』を導入している中小企業に向けて、提供されるもの。『Zoho CRM』のデータを活用し、インサイドセールスが取り組める環境を短期間で整備するとのことです。

「非対面営業」活動ことインサイドセールス

『Zoho CRM』は、Zoho社が提供しているクラウド型のCRMです。基礎情報や商談履歴といった顧客に関する情報をあらゆる形で把握することにより、企業の営業活動を一元的に管理し、良好な顧客関係の構築を可能にしています。

カイトは、『Zoho CRM』を中心としたクラウドアプリケーションの活用を通じて、クライアント企業の業績・生産性向上を支援している企業。「Zoho Premium Partner」として、CRM導入支援サービスも提供しています。

シーサイドは、メール・WEB会議などを用いて行う「非対面営業」活動ことインサイドセールスの支援や、MAの運用代行などを手がける企業です。

短期間でインサイドセールスが取り組むことが可能

MAの運用代行などを手がける中でシーサイドは、CRMを導入した中小企業の多くがインサイドセールス導入において課題を抱えていることに着目。この課題を解決すべく、「インサイドセールスのハンズオンサービス」の提供を開始しました。

同サービスでは、カイトが展開している『Zoho』関連サービスに対してインサイドセールスのハンズオンを設定。専任担当者のいない企業でも、短期間でインサイドセールスが取り組むことが可能になるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社シーサイド
https://www.c-sidepro.com/

【Zoho CRM × インサイドセールス 】ハンズオンサービスの提供を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/