プロジェクト型ビジネスに特化したクラウドERP

株式会社オロは、2020年4月22日、同社が提供しているクラウドERP製品『ZAC Enterprise』について、株式会社アンティー・ファクトリーが基幹業務システムとして採用したと発表しました。

『ZAC Enterprise』は、プロジェクト型ビジネスに特化したクラウドERPです。売り上げ・営業利益のタイムリーな可視化やスピーディーな経営データの集計、また経理業務の工数削減などが評価され、アンティー・ファクトリーでの採用が決定しています。

損益管理における課題解決のために

『ZAC Enterprise』は、プロジェクトの損益情報を瞬時に明確化すると共に、売り上げ・利益の正確な予測も可能にするクラウドERPです。また、一元管理により業務の効率化も果たし、IPOにも対応できる内部統制構築のサポートも提供しています。

今回『ZAC Enterprise』を採用したアンティー・ファクトリーは、デジタルコンテンツのデザインを中心とする形でビジネスモデルの企画・構築・プロモーションなどを手がける企業。同社ではこれまで、損益管理において課題を抱えており、その解決のために『ZAC Enterprise』が導入されました。

タイムリーな案件別の損益管理で、営業も改善

『ZAC Enterprise』によってアンティー・ファクトリーでは、販売・購買・勤怠の一元管理が実現しました。また、タイムリーな案件別の損益管理によって、営業活動の改善も可能となっています。さらにアウトプット機能を活用することで、経営レポート作成の工数も削減できたとのことです。

オロは今後も『ZAC Enterprise』の提供を通じて、多くの企業の生産性向上に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ZAC – 株式会社オロ
https://www.oro.com/zac/

アンティー・ファクトリー、基幹業務システムに『ZAC Enterprise』を採用 – dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000213854/