プロジェクト型ビジネスに特化したERP

株式会社オロは、2020年5月14日、同社のクラウドERP『ZAC Enterprise』が株式会社日本オーエー研究所に導入されたと発表しました。

『ZAC Enterprise』は、プロジェクト型ビジネスに特化したクラウドERP製品です。日本オーエー研究所は、幅広い分野のシステム開発を手がける企業であり、『ZAC Enterprise』は基幹業務システムとして導入されています。

売り上げ・利益の正確な予測も実現

『ZAC Enterprise』は、販売・購買・勤怠・工数・経費などの管理機能に加えて、予定表やワークフリー機能もひとつに集約したクラウドERPです。プロジェクトにおける損益情報の瞬時の把握を可能にすると共に、売り上げ・利益の正確な予測や業務の効率化も実現。IPOに対応できる内部統制の構築に向けても、利用が可能です。

今回『ZAC Enterprise』を導入した日本オーエー研究所は、官公庁分野や医療分野などにおいてITを通じた課題解決支援を行っています。業務拡大を見据える同社は、原価計算のスピード・正確性向上や内部統制を強化できるシステムの導入を検討。『ZAC Enterprise』を導入するに至りました。

多くの企業の生産性向上に貢献

『ZAC Enterprise』では、ひとつの売り上げ案件に対して外注費や経費といった複数の原価を一元管理することが可能です。そのため、精度の高い損益がリアルタイムに可視化されます。こうした原価管理の精度や、システム開発業における豊富な導入実績、また内部統制を強化できる点を日本オーエー研究所は評価し、同システムを選定したとのことです。

オロは今後も、『ZAC Enterprise』によって多くの企業の生産性向上に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ZAC Enterprise – 株式会社オロ
https://www.oro.com/zac/

日本オーエー研究所、基幹業務システムに『ZAC Enterprise』を採用 – dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000215026/