『GRANDIT』の販売実績を評価するアワード

株式会社システムインテグレータは、2020年5月25日、『GRANDIT AWARD 2019 Prime Partner of the Year』を受賞したと発表しました。

同社は、ERPなどのパッケージソフトウェア・クラウドサービスを企画開発・販売している企業。『GRANDIT AWARD 2019 Prime Partner of the Year』は、Web-ERP『GRANDIT』の販売実績を評価すべく開催されているアワードです。

業界を代表するSI企業のノウハウを集大成

『GRANDIT』は、業界を代表するSI企業のノウハウを集大成すべく、『GRANDITコンソーシアム』を結成した上で開発されたWeb-ERPです。経理・債務・販売・調達・製造・人事・資産管理といったモジュールにより構成され、ワークフロー・BI・Web-EDI・などの拡張機能も標準で搭載。内部統制や多言語・多通貨にも対応するなど、企業活動に必要な機能を豊富に盛り込んでいます。

約70社と共に『GRANDITコンソーシアム』に参加するシステムインテグレータは、『GRANDIT』販売に際して独自の施策を展開。アドオンモジュールを自社開発すると共に、カスタマイズを極力回避する『コーディングレス開発ツール for GRANDIT』も開発し、クライアントのシステム要件への適合を果たしています。

今後も安価かつ短期のERP導入を推進

今回システムインテグレータが受賞した『GRANDIT AWARD 2019 Prime Partner of the Year』は、『GRANDITコンソーシアム』の中で最も多くの『GRANDIT』ライセンスを販売した企業を讃えるアワード。同社は、2011年度・2013年度・2014年度・2016年度にも同アワードを受賞しています。

同社は今後も、安価かつ短期のERP導入を推進していくとのことです。

(画像はシステムインテグレータの公式ホームページより)

▼外部リンク

『GRANDIT AWARD 2019 Prime Partner of the Year』受賞 – PR TIMES
https://www.sint.co.jp/