ITを活用する引越し専業者

5月27日(水)、株式会社アップルは福岡センター(受注センター)を2020年6月に開設することを発表しました。

株式会社アップルは、IT利活用推進の加速による経営効率化や、引越しサービス市場におけるITを用いたイノベーションの創出を実現してきた引越し専業者です。

業界初の24時間365時間予約を可能にしたWEB予約完結システムや「オリジナル引越しERP」を開発することで、革新的な経営を進めています。

支店の開設とサービスの拡充

株式会社アップルは2019年に大阪センターと名古屋センターを開設しました。

2020年6月に福岡センターを開設することで、東京圏と名古屋圏、大阪圏、福岡圏と都市間の引越しにも柔軟に対応することが可能になります。

支店開設により、神奈川、静岡、滋賀、京都エリアにおける新規顧客の獲得を行い Uターン・Iターン者の応援も行う予定です。

昨今のテレワーク人口拡大に合わせて、「通勤時間のストレス軽減」「働く環境の整備」「作業場所の確保」といった形に変化しつつある住まいに対する考えにも、株式会社アップルは対応していきます。

株式会社アップルは「NPS経営」と「引越しTech」という強みを活かし、業務フローのIT化による利益率の改善や、UI・UXによるサービスクオリティの向上に努めている企業です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アップル福岡センター設立!都市型引越しを福岡へエリア拡大
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000021510.html