「Oracle Cloud HCM」のデータを分析

5月28日(木)、日本オラクル株式会社は、オラクルが「Oracle Analytics for Cloud HCM」の提供を開始したことを発表しました。

オラクルは「Oracle Autonomous Database」を筆頭に、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供している企業です。

今回発表された「Oracle Analytics for Cloud HCM」は、高度なアナリティクスや大量の業務データの分析を迅速化することに貢献します。

高度なアナリティクスで人事部門をサポート

「Oracle Analytics for Cloud HCM」は「Oracle Analytics Cloud」をベースに開発が行われています。

「Oracle Cloud HCM」内の大量の業務データを分析することによる、新しいセルフサービス・アナリティクス機能が特徴です。

優秀人材のリテンションや報酬別離職率、チームの有効性といった分野の分析を実施することで、人事部門の時間、負担、計算ミスを削減できる点が「Oracle Analytics for Cloud HCM」導入のメリットとして挙げられます。

また、Oracle Applicationsやオラクル製品以外のアプリケーション、その他外部データソースからのデータを用いて「Oracle Cloud HCM」のデータを補強が可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

人事部門の意思決定の強化とビジネス・パフォーマンス向上を実現する「Oracle Analytics for Cloud HCM」を発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000057729.html