『ふくぎんEASYBIZ』として12月30日まで試験提供

株式会社スマイルワークスは、2020年6月15日、同社が運営するクラウドERP『SmileWorks』について、株式会社福岡銀行へのOEM提供を開始したと発表しました。

スマイルワークスは、企業向けSaaS/クラウド型アプリケーションサービスを展開しているFintechベンチャー。福岡銀行において『SmileWorks』は、『ふくぎんEASYBIZ』として同日より2020年12月30日まで試験提供されます。

中小企業の労働生産性向上に有効であると判断

スマイルワークスは、中小企業の生産性向上を支援すべく『SmileWorks』を提供している企業です。『SmileWorks』は、販売管理・仕入管理・在庫管理に加えて、給与・賞与計算・年末調整・マイナンバー管理、さらに経費精算や財務会計も統合したクラウドERP。単機能システムの組み合わせと比べて、3倍~10倍もの生産性を実現しています。

近年、中小企業では人材確保が一層困難になっています。同時に、コロナ禍の影響により紙ベースの文化からの脱却も、本格的に指向されるようになりました。こうした動きの中でスマイルワークスと福岡銀行は、ERPと銀行のBB-Webを統合して提供することが、中小企業の労働生産性向上に有効であると判断。今回のOEM提供に至りました。

バックオフィス業務の全社最適を実現

『SmileWorks』のOEM提供により実現した『ふくぎんEASYBIZ』では、ERPに電子データの送受信機能を搭載させると共に、銀行のBB-Webにも連動。バックオフィス業務の全社最適を実現し、中小企業の労働生産性向上に大きく貢献するとしています。

なお『ふくぎんEASYBIZ』は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下の熊本銀行などもでも本格展開が予定されているとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『ふくぎんEASYBIZ』のOEM提供を開始 – 株式会社スマイルワークス
https://www.smile-works.co.jp/press/12387