クラウドERPの導入・運用をオールインワンで提供

株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下「OBC」)は、2020年6月22日、新サービス『奉行V ERP Premium Edition』の提供を開始しました。

OBCは、業務クラウドサービス『奉行クラウド』をはじめとして、基幹業務システムの開発・販売を手がける企業。『奉行V ERP Premium Edition』は、クラウドERPの導入・運用をオールインワンで提供するサービスとなっています。

短期間で基幹システムを移行、DX成功に貢献

近年の企業は、将来の成長や競争力強化を実現すべくDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進を求められています。しかし、DXの範囲は広く、結果として老朽化・複雑化した基幹システムの更新が困難になるケースも、少なくありません。

こうした課題を持つ企業に向けて、OBCの『奉行V ERP Premium Edition』は開発されました。同サービスでは、企業に求められるDX対応への支援と、同社のクラウドERPパッケージ『奉行V ERP』の導入・運用を、オールインワンで提供。短期間で基幹システムを移行させ、DXの成功に貢献にするとしています。

「フロント業務のDXに注力したい」企業におすすめ

OBCはこれまでも、『奉行V ERP』の利点を活かす形でクライアントの基幹システム更新を支援してきました。ブラックボックスと化したシステムを数か月で『奉行V ERP』へ移行するなどの実績を重ね、高い評価も獲得。『奉行V ERP Premium Edition』では、こうした事業で培った知見も活用されます。

同サービスについて同社は、「レガシーな基幹システムの移管が進んでいない」「フロント業務のDXに注力したい」といった企業の利用を勧めています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『奉行V ERP Premium Edition』6月22日発売 – 株式会社オービックビジネスコンサルタント
https://www.obc.co.jp/corporate/outline/news/news200619