連携強化などが図られた『GRANDIT Ver.3.1』

GRANDIT株式会社は、2020年6月29日、クラウドERP『GRANDIT Ver.3.1』の提供を同年7月より開始すると発表しました。

『GRANDIT』は、コンソーシアム方式によりIT企業が集結して開発され、1150社以上の企業に導入されている「進化系」のERP。新バージョンである『Ver.3.1』では、周辺システムとの連携強化などが図られています。

製品とサービスの絶え間ない成長を図る

『GRANDIT』は、経理・販売・調達・製造・人事といった企業の基幹業務に加えて、BI・EC・ワークフローなどの機能も備えたERPです。多言語・多通貨・マルチカンパニー機能といった機能も統合すると共に、マルチブラウザ・クラウド・RPAといった最新インフラもサポート。ビジネスの可能性を拡げることで、日本企業の成長を支えています。

『GRANDIT』の開発は、業界を代表するIT企業が集まって設立した『GRANDITコンソーシアム』により、行われました。この『GRANDITコンソーシアム』では、最新技術基盤を採用すると共に顧客視点に立ち、日本企業に最も適したERPパッケージソフトの開発を企図。『GRANDIT』完成後も、製品とサービスの絶え間ない成長を図っています。

主要営業支援システムとの相互連携実現

今回提供開始が発表された『GRANDIT Ver.3.1』では、API機能の標準装備により主要営業支援システムとの相互連携実現。SFAとERP領域の統合管理を可能にしました。また、画面項目追加の自由度を上げることで、業務適合度や業務利便性も向上。システム基盤の強化・拡張も図り、中長期的な利用と大規模システムとの円滑な連携を可能にしています。

GRANDITは今後も、クライアントのビジネスの可能性を拡げ、企業の更なる成長を支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

進化系ERP『GRANDIT』の新バージョンを市場投入 – GRANDIT株式会社
https://www.grandit.jp/news/detail_2020/index02.html