SAP ERPソリューションを活用

2020年7月6日、Board Japan株式会社(以下、Board)は、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(以下、NTTデータGSL)と、SAP ERPソリューションを利用して、体系化したソリューションの提供を開始することを発表しました。

BoardとNTTデータGSLの協業は、2018年7月からスタートしています。

昨今、企業にとってレガシーシステムの一新が急務となっていますが、レガシーシステム活用のために、ERP領域には、十全な「計画データ」が必要不可欠です。今回の協業により、IBP(統合事業計画)が現実のものとなり、市場環境の変動において、データに基づいた決定を速やかに実行することが可能となります。

デジタルトランスフォーメーションを推進

八木将樹氏(NTTデータGSLビジネスイノベーション推進部ソリューションセールス室室長)は、これまで、NTTデータGSLがNTTデータグループのSAP事業中核会社として、ERP導入に際し、コンサルティングから導入までを一手に引き受けてきたとした上で、今回の協業に関して、以下のようなコメントをしています。

Boardが持つ企業のあらゆる計画プロセスに関する知見を融合したソリューションの提供により、お客様のデジタルトランスフォーメーションを推進します(プレスリリースより)

(画像はBoard Japan株式会社ホームページより)

▼外部リンク

Board Japan株式会社
https://www.board.com/