『CloudSuite Industrial (SyteLine)』提供開始

インフォアジャパン株式会社は、2020年7月27日、製造業向けERPパッケージ『Infor CloudSuite Industrial』の販売において日本システムウエア株式会社と業務提携を行うと発表しました。

インフォアジャパンは、業界特化型のビジネスアプリケーションを展開する米Infor社の日本法人。この提携開始により日本システムウエアは、『Infor CloudSuite Industrial (SyteLine)』の提供を開始しています。

製造業特化型のERP『Infor CloudSuite Industrial』

Infor社は、業界特化型ビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダー。同社では、17,300人を超える社員が170か所以上の地域において、68000以上のクライアントを支援。インフォアジャパンは、Infor社製品の販売・導入・コンサルティングを日本法人として手がけています。

Infor社の『Infor CloudSuite Industrial』は、工業用製品・素材加工業界向けの要件に標準対応する製造業特化型のERP。製品設計・受発注・資材在庫管理・製造・品質管理といった機能を、多言語・多通貨・マルチサイトに対応した形で提供しています。

今後も付加価値の高いソリューションを提供

今回インフォアジャパンが業務提携を開始した日本システムウエアは、エンジニアリングチェーン領域において長年の実績・ノウハウを持つ企業。近年は、IoTやAIを組み合わせて製造業におけるDX実現も支援しています。

この提携により『Infor CloudSuite Industrial』が、エンジニアリングチェーンとサプライチェーンの双方をカバーすることが可能になりました。同社は、今後も付加価値の高いソリューションの提供を進めるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『Infor CloudSuite Industrial』の販売で業務提携 – インフォアジャパン株式会社
https://www.infor.com/ja-jp/news/20200727