製造業向けノウハウと販売チャネルを活かして

クオリカ株式会社は、2020年8月6日、日本オラクル株式会社との間でクラウド型ERP『Oracle NetSuite』のアライアンスパートナー契約を締結したと発表しました。

クオリカは、TISインテックグループに属し、製造・流通領域にて各種ITサービスを提供している企業。今回の契約締結により同社は、製造業向けノウハウと販売チャネルを活かす形で『Oracle NetSuite』の販売を行います。

先進的なソリューション提案の要望に応えるべく

クオリカは、製造業に向けて多彩なクラウドソリューションを提供しています。これまでも、生産管理システム『ATOMS QUBE』や、DX時代を見据えたIoTプラットホーム『Bellonica』『XLake』などを展開。こうした事業を展開する中で同社は、さらなる先進的なソリューション提案の要望を受けるようになり、今回の『Oracle NetSuite』販売開始に至りました。

『Oracle NetSuite』は、ERP・CRM・Eコマースといった機能が単一のアプリケーションに統合されたクラウド型ERPです。可用性と拡張性の高いクラウドサービスとして設計されており、経営課題・要件・予算にマッチした形での導入も可能。データ統合やプロセスの自動化を容易に実現することで、企業成長へのプロセス変革を力強く支援しています。

ニューノーマル時代を見据えた課題解決を支援

今回のアライアンスパートナー契約締結によりクオリカは、提案ソリューションのラインナップに『Oracle NetSuite』を加えることとなりました。同社は今後、ICT基盤の刷新を進める製造業のクライアントに向けて『Oracle NetSuite』を販売し、ニューノーマル時代を見据えた課題解決を支援するとしています。

なお同社は、2022年までに35社以上の『Oracle NetSuite』導入顧客獲得を目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『Oracle NetSuite』のアライアンスパートナー契約を締結 – クオリカ株式会社
https://www.qualica.co.jp/news/20200806.html