ERPフロントサービス「ManageOZO3」

2020年8月7日、株式会社ITCSは、ERPフロントサービスである「ManageOZO3」(クラウドサービス提供)に、新業務アプリ「OZO3予実」を追加することを発表しました。同業務アプリは、2020年8月7日から発売開始となります。

OZO3予実は、予実データ集計の自動化、予実分析の高度化で予実管理業務を効率化するソリューションです。「脱Excel」ではなく「活Excel」の業務改善アプローチで現行運用をレベルアップし、戦略的なPDCAサイクルを実現いたします。(プレスリリースより)

予実管理にExcelを利用している企業は依然として多く、手作業での編集によって生じる課題を抱えています。同社では、そういった業務課題の解決とサポートを目的として、同業務アプリをリリースしました。

新業務アプリ「OZO3予実」の特徴

同業務アプリの特徴は、Excelの予算編成シートを受け入れデータとして利用できることで、転記によるミスをなくすことが実現できることです。ほかには、複数の予算に対応していること、連携コードの変換が可能なこと、Excelへの出力が可能なことなどが挙げられます。

同業務アプリの月額利用料は、税抜きで65,000円(5ユーザー)となっています。なお、導入支援費は別途必要となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ITCS
https://itcs.jp/2020/08/07/release-yojitsu/