意思決定をスピード化、製造原価も即時把握

株式会社パシフィックビジネスコンサルティングは、2020年9月8日、アダマンド並木精密宝石株式会社にマイクロソフト社製ERPを導入したと発表しました。

今回導入が行われたERPは、『Microsoft Dynamics 365 Business Central』。意思決定のスピード化と製造原価などの即時把握を導入により実現したとのことです。

『Microsoft Dynamics NAV』の全機能を継承したERP

株式会社パシフィックビジネスコンサルティングは、マイクロソフト社製品の導入サポートをグローバルに展開しているITコンサルティングファームです。

2001年より中堅中小企業向けERP『Microsoft Dynamics NAV』の導入コンサルティングを開始しており、日本で最も古い『Dynamics』ソリューションベンダーです。成功に導いたERP/CRMプロジェクトの数も360を超えています。

同社が今回導入を担った『Microsoft Dynamics 365 Business Central』は、マイクロソフト社の『Dynamics 365』シリーズにおける新製品。全世界で23万社以上に導入された実績を持つ『Microsoft Dynamics NAV』の全機能を継承したERPとなっています。

日本企業ならではのきめ細かな対応と共に

今回『Microsoft Dynamics 365 Business Central』が導入されたアダマンド並木精密宝石株式会社は、電気計測器用軸受宝石のメーカーとして創業された企業。現在は、工業用宝石部品やDCコアレスモーター、また医療装置など、ビジネスを拡大しています。

なお、この導入により同社では、コロナ禍におけるリモートワーク実施率70%も実現したとのことです。

(画像は株式会社パシフィックビジネスコンサルティングの公式ホームページより)

▼外部リンク

アダマンド並木精密宝石株式会社 導入事例インタビュー – 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング
https://www.pbc.co.jp/case/interview/4069/

PBC、アダマンド並木精密宝石へマイクロソフト社製ERPを導入 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/225042