ソフトウェアビジネス新市場2020年版

2020年9月16日、株式会社NTTデータ・ビズインテグラル(以下「NTTデータ・ビズインテグラル」)は、株式会社富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場2020年版』の「大規模企業(年商500億円以上)向けERPパッケージ」部門において、同社が提供している「Biz∫(R)(ビズインテグラル)」が、2019年度年間採用数第1位を獲得したことを発表しました。

「Biz∫」は、「intra-mart(R)」を採用しているクラウド対応ERPパッケージ(統合基幹業務システム)です。なお、「intra-mart」は、富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場2020年版』の「ワークフロー」パッケージ(金額)部門にて、2019年度の国内シェアNo.1となった実績を持っています。

クラウド対応ERPパッケージ「Biz∫」

2011年から本格的な提供を開始した「Biz∫」では、顧客のニーズにマッチしたソリューションやサービスの提供を重要視しています。その結果、2020年3月末には、1,200社以上に採用されました。

製品強化を図るだけでなく、サービス業や流通業、建設業をはじめとして、業界別の豊富なテンプレートを拡充させた点を高く評価をいただき採用が増加しました。(プレスリリースより)

およそ50のパートナー企業を持つNTTデータ・ビズインテグラルでは、200億円のビジネス規模(2025年)を目標としているということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社NTTデータ・ビズインテグラル
https://www.biz-integral.com/news/20200916nr.html