インターネット通信の安全性を確保

9月30日(水)、株式会社網屋(以下、網屋)はクラウドVPNサービス「V-Client α」と、株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下、OBC)が提供する基幹業務システム「奉行クラウド」「OBCクラウドサービス」が連携したことを発表しました。

「V-Client α」は網屋が展開するリモートアクセス専用ソフトウェアであり、認証に必要な証明書がクラウド上の管理センターで一元管理される点が特徴です。

今回の連携によって、「V-Client α」を利用している企業はインターネット通信の安全性を確保した状態で「奉行クラウド」をはじめとした奉行シリーズを利用できるようになります。

通信経路を秘匿化

会計システム「勘定奉行クラウド」を含むバックオフィス業務のSaaSクラウドサービスとして知られている「奉行クラウド」は、ERPとして高い評価を得ています。

「OBCクラウドサービス」は、クラウドERPパッケージ「奉行V ERP」の環境構築、運用管理までをオールインワンで提供するサービスです。

「V-Client α」が「奉行クラウド」と「OBCクラウドサービス」に対して、証明書認証とグローバルIPアドレスでデバイスの制限を行うと共に、 通信経路を秘匿化してセキュリティを確保できるようになる点が今回の連携によるメリットといえます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『奉行クラウド』『OBCクラウドサービス』がクラウドVPNサービス『V-Client α』と連携
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000027033.html