エンタープライズ企業の需要に対応するIaaS

日本オラクル株式会社は、2020年10月1日、同社提供製品『Oracle Cloud Infrastructure』を株式会社ワークスアプリケーションズが採用したと発表しました。

『Oracle Cloud Infrastructure』は、急成長しているクラウドやエンタープライズ企業の需要に対応するIaaS。今回の採用は、ERPマネージド・サービス『HUE Classic Cloud』の基盤として活用すべく、決定されています。

ERPマネージド・サービス『HUE Classic Cloud』

日本オラクル株式会社は、情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供を手がける米オラクル社の日本法人。『Oracle Cloud Infrastructure』は、オラクル社の自律型サービスと統合セキュリティを組み合わせることにより、リアルタイムの柔軟なスケーラビリティを提供しています。

今回『Oracle Cloud Infrastructure』を採用した株式会社ワークスアプリケーションズは、大手企業向けのERPパッケージ・ソフトウェアとして『HUE』および『HUE Classic』を提供している企業。2020年9月からは、運用の効率化を図りたいという『HUE Classic』ユーザーからの要望に応える形で、ERPマネージド・サービス『HUE Classic Cloud』の提供も開始しています。

データから無限の可能性を得ることがミッション

『HUE Classic Cloud』の提供開始にあたり株式会社ワークスアプリケーションズは、サービス基盤を改めて検討。様々なパブリック・クラウドを比較した上で、性能・コスト・操作性・コンプライアンス・拡張性などの面から『Oracle Cloud Infrastructure』を採用したとのことです。

日本オラクル株式会社は今後も、人々がデータから無限の可能性を得ることをミッションとして、事業を展開するとしています。

(画像は日本オラクル株式会社の公式ホームページより)

▼外部リンク

ワークスアプリケーションズ、『Oracle Cloud Infrastructure』を採用 – 日本オラクル株式会社
https://www.oracle.com/