海外4拠点で導入

10月14日(水)、日本オラクル株式会社(以下日本オラクル)は、住友ベークライト株式会社(以下、住友ベークライト)がオラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud ERP」を導入し、マカオ拠点で稼働したことを発表しました。

日本オラクルはオラクル・コーポレーションの日本法人であり、情報価値を最大化するクラウド・サービスを提供している企業です。

住友ベークライトは高機能プラスチック製造等を中心にグローバル規模で事業展開しています。

住友ベークライトが「Oracle Fusion Cloud ERP」を導入したのは、海外4拠点におけるサプライチェーンから会計までの経営情報の一元化と業務標準化、内部統制の強化が目的です。

業務プロセスを共通化

「Oracle Fusion Cloud ERP」によってサプライチェーンから会計までの経営情報が一元化されるのは、住友ベークライトがマカオとマレーシア、インドネシア、シンガポールに構えている海外拠点です。

4拠点それぞれがERPの導入やカスタマイズを行っていた影響で、業務プロセスが共通化されていないという課題を解決するために、住友ベークライトは「Oracle Fusion Cloud ERP」の導入を決定しました。

「Oracle Fusion Cloud ERP」を導入したメリットは、原料から製品に至るロット情報を、より厳密・迅速に管理・追跡できるようになったことです。

(画像は日本オラクル公式ホームページより)

▼外部リンク

住友ベークライト、海外4拠点のサプライチェーン最適化に向けてオラクルのERPクラウドを導入
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000057729.html