経営と業務を効率化する機能が集約されたERP

株式会社オロは、2020年10月14日、同社のクラウドERP『ZAC』が株式会社アクアリングに採用されたと発表しました。

『ZAC』は、経営と業務を効率化する機能が1つに集約された、プロジェクト型ビジネス特化型のクラウドERP。今回『ZAC』を導入した株式会社アクアリングは、中部圏・名古屋のモノづくりマインドを軸として事業を展開しているWeb制作会社です。

IPOにも対応できる内部統制の構築も可能

『ZAC』は、販売管理・購買管理・予定表・勤怠管理・工数管理・経費管理・工程管理・ワークフローといった機能を集約したクラウドERPです。自動化を通じて、プロジェクトの損益情報を瞬時に把握することを可能にました。また、売上・利益の正確な予測も実現。一元管理により業務を効率化すると共に、IPOにも対応できる内部統制の構築も可能となっています。

今回『ZAC』を導入した株式会社アクアリングは、Web制作に加えてプロダクト・サービスの新規開発やDX推進体制の構築など、多岐に亘るサービスを提供している企業です。そのため、従来型のツールを用いた業務管理では、煩雑さが課題となっていました。これらの課題を解消すべく、『ZAC』は導入されています。

経営判断に必要な情報が迅速に得られる

『ZAC』導入により株式会社アクアリングは、基幹業務の一元化を実現。正確な原価管理や案件の工数データのタイムリーな把握、スタッフアサインの最適化なども可能になりました。様々な切り口の経営レポートがワンクリックで出力できるため、経営判断に必要な情報が迅速に得られるようになったとのことです。

株式会社オロは今後、Web制作業領域においても『ZAC』の実績拡大を推進するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社アクアリング、基幹業務システムに『ZAC』を採用 – 株式会社オロ
https://www.oro.com/zac/news/news-1884.html