『みずほERP』として10月12日より提供

株式会社スマイルワークスは、2020年10月15日、同社のクラウドERP『SmileWorks』をみずほ銀行に対してOEM提供したと発表しました。

『SmileWorks』は、バックオフィス業務を全て統合することにより中小企業の生産性向上を支援するクラウドERP。みずほ銀行において同サービスは、『みずほERP』として同年10月12日より提供されています。

インターネットバンキングサービスと連携

株式会社スマイルワークスは、企業向けSaaS/クラウド型アプリケーションサービス事業を展開すると共に、統合業務システムサービス『SmileWorks』の運用・提供も手がける企業です。

同社の『SmileWorks』では、販売管理・仕入管理・在庫管理・経費精算・財務会計といったバックオフィス業務を、全て統合。自動会計仕訳や資金繰り表の自動作成も実現することで、生産性向上を実現しています。

みずほ銀行は今回同サービスを、法人インターネットバンキングサービス『みずほビジネスWEB』と連携させた『みずほERP』として、提供することとなりました。

中小企業の抜本的な業務効率化を支援

『みずほERP』では、インターネットバンキングと連携されたクラウドERP機能を利用することが可能です。入出金の自動消込や全自動会計、また自動資金繰り管理などを実現しており、中小企業の抜本的な業務効率化や生産性の向上を支援しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ERPをみずほ銀行にOEM提供開始 『みずほERP』をリリース – 株式会社スマイルワークス
https://www.smile-works.co.jp/press/12574