請求業務を自動化

11月4日(水)、株式会社ROBOT PAYMENT(以下、ROBOT PAYMENT)は、株式会社CAMが運営するクラウドERP 「CAM MACS」と連携を開始したことを発表しました。

ROBOT PAYMENTは、請求管理ロボやインターネット決済代行サービスなどの提供を通じて、請求・債権管理業務の自動化に貢献している企業です。

今回の連携によって「CAM MACS」上で管理する受注、売上、在庫、顧客情報に連動した請求書発行・売掛金管理が可能になります。

業務効率化に貢献

中小企業経営のバックオフィス業務をサポートするクラウドERP「CAM MACS」がシームレスな入金・消込に対応する機能や、銀行振込以外の回収手段の提供を希望していたことが、今回の連携の背景にあります。

ROBOT PAYMENTと連携することで、電子請求書をはじめとした請求機能や、クレジットカード及び口座振替といった決済手段を提供可能にしたことが、今回の取り組みにおけるメリットです。

各処理のシステム化とシームレスな連動を実現したので、販売などの業務を最短で行うことができるようになります。

システムによる自動化は、請求や消込などの作業を手作業で行っていた従来のスタイルよりも、作業効率を格段に高めることが可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

請求管理ロボ、クラウドERP『CAM MACS』との連携を開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000168.000001047.html