テンプレートの機能強化

4月13日(月)、株式会社日立ソリューションズは、「グローバル製造業向けテンプレート for Microsoft Dynamics 365」の3製品の機能を強化したうえで、4月14日(火)より販売を開始すると発表しました。

今回機能が強化されたのは、マイクロソフト社のクラウド型ERPソリューション「Microsoft Dynamics 365」の最新版に対応した「グローバル製造業向けテンプレート」です。

こちらのテンプレートを導入することで、製造コストの最適化と経営効率向上が期待できます。

3つのテンプレートが対象

機能が強化された具体的な製品は、最新の「Microsoft Dynamics 365」に対応した「グローバル製造業向けテンプレート」のうち、「SCMテンプレート」と「会計テンプレート」、「原価管理テンプレート」の3種類です。

「会計テンプレート」は今回の機能強化によって、債権・債務データや在庫データに関する条件を事前にシステムに入力することで、柔軟にデータを活用できるようになりました。

「原価管理テンプレート」については、組織変更に伴って発生することがある原価部門や対象品目、原価要素の変更に関して柔軟な設定を可能とする機能が追加されています。

(画像はPAKUTASOより)

▼外部リンク

「Microsoft Dynamics 365」の最新版に対応したグローバル製造業向けテンプレートを販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000053429.html