専用のパブリッククラウドとして活用

株式会社野村総合研究所(以下「NRI」)は、2020年3月13日、同社データセンターに『Oracle Cloud』dedicated regionを導入したと発表しました。

NRIは、コンサルティングやITソリューションの提供を手がける企業。『Oracle Cloud』は、オラクル・コーポレーションが提供しているクラウドサービスであり、NRIのデータセンターでは専用のパブリッククラウドとして活用されます。

専用パブリッククラウドを統制下で運用

近年の日本の金融機関では、パブリッククラウドの活用が本格的な進展を見せるようになりました。特にDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現に際しては、パブリッククラウドの有用なサービス群を活用することが、重要な成功要因と考えられています。

しかし、こうした動きの一方で「ガバナンスやセキュリティを自社統制下で行いたい」というニーズを持つ企業も、少なくありません。こうした状況やニーズに対応すべくNRIは、同社データセンター内に専用パブリッククラウドを設置し、統制下で運用するという活用形態を発案。『Oracle Cloud』は、このデータセンターに導入されました。

『NRIクラウド Fusion区画』整備も進める

今回NRIが導入した『Oracle Cloud』dedicated regionは、『Oracle Cloud Infrastructure』の専用リージョン。オンプレミスの『Oracle Database』環境を、セキュアなパブリッククラウド環境に移行することが、可能となっています。

今後NRIは、専用パブリッククラウド環境『NRIクラウド Fusion区画』の整備も進め、顧客のパブリッククラウド移行などを強力に支援していくとのことです。

(画像はNRIの公式ホームページより)

▼外部リンク

専用パブリッククラウドをデータセンターに導入 – 株式会社野村総合研究所
https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2020/cc/0313_01