SAP(R)ソリューション構築サービス

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社は、ヘルスケア業界対象(医療機器メーカー、医療材メーカーなど)のSAP(R)ソリューション構築サービスにおける、医薬品・医療機器の製造と流通に関わる品質管理基準(Good x Practices以下「GxP」)とコンピュータ化システムバリデーション(Computerized System Validation以下、CSV)関連サービスを拡充したことを発表しました。

2020年4月13日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされました。

SAPソリューション導入のコストコントロール

同社は、今回の拡充によって、「医薬品・医薬部外品製造販売業者等におけるコンピュータ化システム適正管理ガイドライン」(日本)や、「FDA 21CFR Part11」(米国)、「EU GMP Annex11」(EU)など、準拠が要求される各種の品質管理規制に対し、SAPソリューションを導入するための企画、実施を行う際、コストコントロールが可能となり、幅広いサービスの提供が可能となるとしています。

同社では、クライアント企業に対し、CSV関連サービス(基幹業務プロセス、サービス構築)について、CSVアセスメントサービス、CSV構築サービス、CSVドキュメント支援サービス、CSV運用サービス、CSV教育サービスという5種類のサービスを通じ、総合的なサポートを行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社のプレスリリース(PRWire)
https://kyodonewsprwire.jp/release/202004138969