変化の中、企業は最小限のリスクで回復ができる

2020年4月27日、SAPはこの混乱期にリスクを最小限に抑え、回復することができると、ニュースを発信しました。困難な状況下、同社は企業がビジネスを継続し繁栄するためには、俊敏性が重要と考えています。

混乱期に企業が生き残るためには

この混乱期は、健康、社会、経済に影響を及ぼしています。企業が生き残るためには、競合他社に真似できない核となる能力で顧客との関係を深め、新しいビジネスモデルの開発、サプライチェーンの適合、業務合理化、財務管理が必要です。これらは、ビジネスのサポートにERPを使用する企業は、迅速に対応できます。

SAP製品の信頼性とは

同社は、顧客がビジネスを継続することを支援しています。従業員がリモートワークをしている時でも、クラウドデプロイメントは、無料のopenSAPコースにアクセスして最新情報を入手できます。また、バイヤーとサプライヤーがつながるのを支援するために、SAP Ariba Discoveryへのアクセスをオープンにしました。

同社の中核はSAP S / 4HANAで、2019年末までで13,800人の顧客を持っています。また同社とパートナーは、SAP S/4HANAへの移行をサポートしており、短期間で投資収益率が高く、高価値の収益が得られます。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/