Peoples、SAP S/4HANAの移行を完了

2020年5月4日、SAPはPeoples Natural Gas(Peoples)がSAP S/4HANAの移行を完了したと、ニュースを発信しました。SAP S/4HANAに移行することでPeoplesは、ビジネス変革と継続的な技術革新が可能になります。

SAP S/4HANA移行のメリット

SAP S/4HANAに移行することにより、分析、財務報告の改善、ハードウェア最適化が行われました。Peoplesは、移行により高速に作業ができ、お客様の要望に応えるためにも重要だったと語っています。

今回の移行の目的は、同社の財務ソリューションの簡素化、事業運営を最適にすることでした。2019年11月にコンバージョンに成功し、同社の年末処理はより速くシームレスになりました。夜間バッチは、数時間速く完了します。

SAPにとってこの移行成功は、DX変換へのケーススタディになりました。

Peoplesについて

2020年3月にEssentials Utilitiesに買収され、ペンシルベニア西部、バージニア州西部、ケンタッキー州の約740,000の住宅と企業に天然ガスを供給しています。

同社は2010年からSAP ERPベースのシステムを利用しており、ビジネスの中断なしで、安全基準と顧客満足度を維持しながらSAP S/4HANAに移行したいと、考えていました。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/