SAP Blended Learning Academyで、効率よく認定資格を取得

2020年5月8日、SAPはSAP S/4HANA認定資格についてやコンサルタントになるためのトレーニングについて、ニュースを発信しました。同社には、この認定を受けるためのトレーニングとして、SAP Blended Learning Academyがあります。

SAP Blended Learning Academyとは

SAP Blended Learning Academyは、SAP S/4HANA認定資格準備を、効率よく進めることができる学習ツールです。ガイド付きのモジュール式トレーニングプログラムで、3~5か月間の学習期間を想定して、作成されています。

このツールは、SAP Live Classセッションと、SAP Learning Hubを使用した自習が組み合わされて提供されています。最後に行われる認定試験は、受験者のスケジュールが可能です。

SAP Blended Learning Academyの内容

参加者は最初の自習フェーズで、SAP Learning Hubの電子書籍およびeラーニングコースを使用します。実践的な演習は、SAP Live Accessのトレーニングシステムが利用され、ここで学習した内容を実践することができます。さらに、SAPラーニングルームで、専門家や他の学習者とのコラボレーションが可能です。

プログラム前半終了後、SAP Live Classセッションでスキルを強化します。プログラム最後には、2回目の自習フェーズを行い、インストラクター主導の終了イベントがあります。このイベントで、参加者はプログラム後半の内容を確認および質問することができ、認定試験前に最終確認が可能です。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/