6月に「バックオフィス業務の『デジタル化』」開催

株式会社コンカーは、2020年6月11日、オンラインイベント『SAP Concur Fusion Exchange 2020』の第1弾「バックオフィス業務の『デジタル化』」を開催します。

コンカーは、出張・経費管理クラウドを展開しているSAP Concur社の日本法人。『SAP Concur Fusion Exchange』は、日本では7回目となる経理・財務部門向けイベントであり、2020年度はオンラインで開催されます。

間接費領域におけるDXが変革する企業戦略

SAP Concur社は、出張・経費・請求書・コンプライアンスなどの管理を自動化するソリューションを20年以上にわたって提供し、あらゆる業種・規模の企業を支援している企業です。コンカーも、『Concur Expense』『Concur Invoice』『Concur Travel』といったクラウドサービスを日本法人として展開。企業における間接費管理の高度化と「働き方改革」を支援しています。

同社の『SAP Concur Fusion Exchange 2020』は、間接費領域におけるDXが変革する企業戦略や革新的なワークスタイルについて、参加者と共に考えるべく開催されるイベントです。2020年6月から9月にかけて、それぞれのテーマ設定に応じた内容のオンラインイベントが複数回開催されます。

バックオフィス業務のデジタル化にフォーカス

6月11日に開催される『SAP Concur Fusion Exchange 2020』の第1弾イベントは、令和2年税制改正によるペーパーレス・キャッシュレスの実現を、テーマとして設定。ペーパーレスが進む経費管理業務やバックオフィス業務のデジタル化にフォーカスし、業務改革に成功したコンカーの顧客事例紹介などが行われます。

なお同社は、2020年9月には1万人規模のオンラインイベント『SAP Concur Fusion Exchange 2020 Japan – Virtual Summit』を開催する予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

経理・財務向けイベント『SAP Concur Fusion Exchange 2020 Japan』を開催決定 – 株式会社コンカー
https://www.concur.co.jp/news