クラウドERPと出張・経費管理システム

SAPジャパン株式会社は、2020年5月21日、株式会社ラックランドが 『SAP Business ByDesign』と『SAP Concur』の採用を決定したと発表しました。

この発表は、SAPジャパンと株式会社Minoriソリューションズ、そして株式会社コンカーの連名で行われたもの。『SAP Business ByDesign』は中堅・中小企業向けのクラウドERP、『SAP Concur』はクラウド型の出張・経費管理システムです。

属人的な運用からの脱却を目指すべく採用

今回SAP製品の導入を決定したラックランドは、商空間の企画制作会社。あらゆる商空間の理想的な環境づくりを目的として、リサーチ・企画開発・デザイン・設計・施工・管理といった事業を展開しています。

同社は、経営管理の高度化や経理業務の効率化、また属人的な運用からの脱却を目指すべく、システムの更新を企図しました。新システム選定に際して同社は、柔軟性を重視。SaaS型で提供される点や拡張性・変化対応力が強い点を評価し、 『SAP Business ByDesign』『SAP Concur』を採用するに至っています。

ビジネスにおける利益向上をサポート

ラックランドにおける『SAP Business ByDesign』と『SAP Concur』の導入プロジェクトは、共に2020年1月から開始されました。『SAP Business ByDesign』については、導入プロジェクトに係る管理運営全般から稼働後の運用保守までを、Minoriソリューションズが担っています。

SAPジャパンは今後も、ビジネスにおける利益向上をサポートし、人々の生活向上に貢献するとのことです。

(画像はSAPジャパンの公式ホームページより)

▼外部リンク

ラックランドが、『SAP Business ByDesign』と『SAP Concur』の採用を決定 – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/