『SAP SuccessFactors』が評価され選出

SAPジャパン株式会社は、2020年6月1日、Forrester Research社のクラウド人材管理に関するレポートにおいて、SAP本社がリーダーに選ばれたと発表しました。

このレポートは、2020年第2四半期における人材管理のクラウドプロバイダー11社を調査した『The Forrester Wave: Cloud Human Capital Management, Q2 2020』。SAP本社は、『SAP SuccessFactors』が評価されリーダーに選出されています。

人事と人材のプロセスを簡素化

SAP社は、インテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業です。同社製品は、的確なビジネス判断を行うための洞察力を深め、あらゆる業種・規模の企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」へと変革。市場における差別化の実現を支援し続けています。SAPジャパンは、このSAP社の日本法人です。

SAP社の『SAP SuccessFactors』は、人事と人材のプロセスを簡素化することで、人事部・マネージャー・各スタッフの成功を後押しするソリューション。勤怠管理を始めとして、コア人事・給与計算や要員計画・分析、採用・オンボーディングや学習・開発といった業務の支援を担います。

利用企業が6800社を超えている点に注目

『The Forrester Wave: Cloud Human Capital Management, Q2 2020』では、『SAP SuccessFactors』の『SAP SuccessFactors Human Experience Management』を利用する企業が6800社を超えている点に注目。またインテリジェントテクノロジーを活用している点も評価し、リーダーに認定したとのことです。

なお、この件に関するプレスリリースを、SAP本社は2020年5月19日に発表しています。

(画像はSAPジャパンの公式ホームページより)

▼外部リンク

『SAP Marketing Cloud』、リーダーに認定 – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/