ヨーロッパの道路輸送を迅速化・効率化

SAPジャパン株式会社は、2020年6月3日、SAP本社の製品『SAP Logistics Business Network』とInstaFreight社が提供するサービスが統合されると発表しました。

この統合により両社は、ヨーロッパにおける道路輸送の迅速化および効率化の支援を企図。世界中がコロナ渦による困難に直面する現在、双方にとって大きなメリットになる統合であると両社は考えているとのことです。

SAP本社とInstaFreight社

SAP本社は、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードしている企業です。同社の製品は、的確なビジネス判断を行うための洞察力を深め、高い競争優位性を実現する協業を促進。世界中の商取引売り上げの77%が何らかの形で同社製品を使用するほど、高い評価を獲得しています。

InstaFreight社は、「デジタル運送会社」を自認する企業です。ヨーロッパで最大規模と自負するグループネットワークを構築し、クライアントのビジネス輸送ニーズへの素早い対応を実現。リアルタイムの需要に基づいた動的な価格設定も、可能にしています。

運送業者の管理業務も削減

InstaFreight社とのコラボレーションにより『SAP Logistics Business Network』は、拡大を続けるトラック運送業者の巨大なネットワークを利用することが可能となりました。高品質で効率的な輸送サービスをより低コストでクライアントへ提供すると共に、運送業者の管理業務も削減し、信頼性向上に貢献するとのことです。

なお、この件についてのSAP本社の発表は、2020年5月19日に行われています。

(画像はSAPジャパンの公式ホームページより)

▼外部リンク

『SAP Logistics Business Network』、InstaFreight社とコラボレーション – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/